壁マネジメントとは


壁マネジメント

指示を守らない。言ったことをやらない。何度、注意しても変わらない。もう諦めるしかない……と思ったチームが会社を引っ張る存在に。3つのルールで組織と部下を成長させた、その「メソッド」はあなたのチームも変われる仕組みなのです。


壁マネジメントとは?

「部下が指示を守らない」「言うことを聞かない」「好き勝手に仕事をする」、多くのマネジャーが抱えるこれらの問題を解消し、チームで成果を出す。それが壁マネジメントです。

多くの会社では、指示を守らないのは部下のレベルが低いから、そのように考えます。

しかし、その原因はマネジャーと部下の関わり方にあります。

過去に「上司の指示を守らなくても、問題なかった」「さほど注意されなかった」「自分のやり方を貫いても、何も言われなかった」。そんな過去の経験の積み重ねが、部下が動かない状況を作り出しています。

そんな過去の経験の積み重ねを清算し、部下を正しい行動に導き成果を出すために、壁マネジメントでは、3つのルールを使ってやり切る部下に変えていきます。

 

9割のマネジャーが成果を出す、その秘訣は……

壁マネジメントでは、
1.行動ルール
2.介入ルール
3.フィードバックルール
の3つのルールを使って、部下に「やり切る」習慣をつけさせていきます。

実際に「壁マネジャー養成コース」に参加された方の9割以上が、ご自身のチームで成果を出し、さらに新しい課題解決に成功しています。

取り組まれた課題は、「チームの残業削減」「生産性向上」「営業目標の達成」「工場の稼働率改善」「新事業の立ち上げ」「店舗スタッフ教育」など、多岐にわたります。

業界・業種を問わず、成果が出る理由。それは部下の行動を変えることに特化した仕組みだからです。

実際に壁マネジメントを取り入れたマネジャーからは、

  1. 長年の課題を解決できた
  2. 部下が進んで報連相するようになった
  3. チームの団結力が生まれた
  4. 年上の部下が協力的になった
  5. 部下と考えのズレがなくなった
  6. 会社の方針が現場浸透するようになった
などのお声をいただいています。

 

壁マネジメントをはじめるには?

書籍やDVDを活用して自分たちで壁マネジメントを行う以外に、3つの方法があります。

半日で壁マネジメントの基本から、最も重要なルール設計まで

全5回のコースで確実に「やり切る」組織に変え、成果を出す

御社の課題やご要望に合わせて、個別でカスタマイズ

 

実際、壁マネジメントを自分の力だけではじめようとする方は多いです。もちろん、自力でも壁マネジメントはできます。

しかし、自力を選んだ多くの方が2つの壁にぶつかります。

新しいことですので、つまづいて当然です。行動ルールを正しく機能させるには、

● 問題・課題を正しく認識する
● 部下の何がボトルネックになっているかを突き止める
● 成果の出る行動を設定する
● 状況・状態に応じたチューニング

などが大切です。そしてこれらの項目はチームによって異なります。

でも安心してください。私たちにお任せいただき、実践すればできます。
そのために私たちがいます。

そして上記は一度、身につけてしまえばあなたのチームの資産となり、ひとりひとりが自分で考え、チーム全体で成果を上げられるようになります。

「壁マネジメント」をはじめるときにこれらをいかに押さえるかによって、成功するか・しないかが大きく変わってきます。

詳細は無料のWEBセミナーでご紹介いたします。まずはお気軽にお申し込みください。