なぜ部下は動かないのか?


部下に指示しても、行動に移さず困っている……

部下に何度指示しても、指示通り行動しない。考えなくても良いような簡単な提出物ですら、期限を守らない。その一方で、自分ルールを勝手に設定し、組織のルールを変えてしまう。

このような部下に聞き覚えがあるあなたに知っていただきたいことが1つあります。

まずは、こちらのチェックリストをご確認ください。

部下育成や組織マネジメントを誤解していませんか? マネジメントチェックリスト
  • □ 部下の自主性を育てたいので、仕事のやり方には口を出したくない
  • □ 指示を無理にやらせると、部下のモチベーションが下がると思っている
  • □ 組織改革をしたいが、何から取り組んで良いかわからない
  • □ 自分で動いた方が早い・結果が出るので、部下に任せず自分でやった方が効率的だと思っている
  • □ 部下が指示待ち人間にならないよう、指示しすぎないようにしている
  • □ 何度言っても、部下が行動しないので意味がないと感じている
  • □ プレイヤー感が抜けず、いざマネジメントと言われてもどうしたら良いかわからない
  • □ 指示するものの、その後、部下から報告がない
  • □ 1から10まで指示しては、部下が考えなくなってしまうと思っている
  • □ 組織で報連相の徹底を呼びかけても、三日坊主で終わってしまう
  • □ 部下のモチベーションが下がらないよう、自主性を大切にしている
  • □ 予算や目標を達成しなくても、仕方がないといった雰囲気に組織がなっている

思い当たるものがいくつありましたか? これらの項目は、多くのマネジャーが抱いている悩みや、マネジメントする側の誤解を記したものです。

チェックが多かったからといって、落胆しないでください。チェックの数だけ、壁マネジメントであなたと組織は成長できます

部下が動かない2つの理由

1.部下に「動かなくても良い環境」が与えられてる

あなたの指示に対し、部下が行動しなかった。その経験が重なったら、部下はどう考えるようになるでしょうか。指示通り動かなくても大丈夫と認識し、あなたの指示を「やらなければいけないこと」として認識しなくなります。

2.部下が「自分の判断基準で動いていい」という認識をもっている

仕事の優先順位を考える際、一般的に重要度・緊急度を考慮し、優先順位付けを行います。しかし人間は「今は気分じゃないから」といった感情で、その優先順位を変えてしまいます。
「自分の判断基準で動いていい」という認識をもつ部下に共通していることは、これまでマネジャーに指示されても、自分の判断基準を優先して大丈夫だったという経験があります。

この2点に共通して言えることは、これまでの部下との関わり方が部下を「動かなく」したということです。部下の性格に問題があるのではありません。上司の行動に問題があったのです。

部下を「動かなく」するマネジャーの共通点

動かない部下をもつマネジャーには1つの共通点があります。それは指示だけで満足し、フォローがないということ。
しかし、部下が動かない2つの理由でもお伝えした通り、「指示しても行動しなかった」という経験を部下が重ねることで、「指示されても、行動しなくて良い」と認識し、行動しないことが習慣化してしまいます。

マネジャーの指示だけし、フォローがない状態が、部下を「動かなく」させています。指示したことをやり切るまで関わることで、部下に「行動をやり切る」習慣ができます。