部下がやり切る行動ルールの設定方法


8割の方がつまづいてしまう、行動ルールの設定

壁マネジメントを行うにあたって、はじめに行うことが行動ルールの設定です。壁マネジメントでは、一度に多くの行動を部下にやり切らせることはしません。指示する行動だけが多くなり、その後のフォローがなければ逆効果になってしまいます。成果を出すために必要な行動のみを行動ルールとして設定し、そのルールに対しマネジャーは漏れなく介入を行う。それが壁マネジメントの基本の流れです。

しかし、初めて壁マネジメントを行う方の約8割がこの行動ルールの設定でつまづいてしまいます

ルールと目標を混同していませんか?誤った行動ルールの設定例

こちらは実際に壁マネジメントに取り組んだ方が初めて設定した行動ルールの一例です。

  • 月間見積もり20件獲得
  • 不良品の発生率を3%以下にする
  • 毎日、20時退社を組織で徹底する

これらの行動ルールを見て、あなたはどう感じられましたか。

この3つのルールの共通点は行動ではなく、目標がルールとして設定されている点です。見積もりの件数や不良品の発生率、残業時間の削減は何かの行動を行った結果現れる成果であり、壁マネジメントで達成すべき目標(成果)として設定するものです。
このようなルールを行動ルールとして設定してしまうと、成果に繋がる行動が何かわからない人は、やり切ることができません。その結果、組織内にルールを守れない人を生み出してしまいます。この状態が蔓延することで、ルールを守らなくても大丈夫をいう空気が組織にできてしまい、成果を繋がる行動を知っていて目標を達成した人もルールを守らなくなってしまう恐れがあります。

誰もがやり切ることができる、正しい行動ルールとは?

では、組織の全員がやろうと思えばやり切れる正しい行動ルールとはどのようなものでしょうか。
こちらの例をご覧ください。

不良品の発生率を3%以下にした行動ルール

生産ラインでの不良品の発生率が一桁後半であった組織のマネジャーが取り組んだ壁マネジメントの一例です。
マネジャーはまず、現状把握のため各ライン・各作業員の状況・行動をモニタリングしました。そこで見えてきたことは不良品の発生率が低い作業員は作業前に必ず「工具に油をさす」ことを行っていたのです。

この「工具に油をさす」という行動は作業員であれば誰でも行うことができます。そこでこのマネジャーは作業前に必ず工具に油をさせば、不良品の発生率は下がると仮定し、この行動をルールとして設定しました。やろうと思えば誰もがやり切ることができる行動ルールですので、部下は行動できない言い訳をすることができません

この行動を組織にやり切らせたことで、不良品発生率を3%以下にするという目標を達成しました。また、組織内にルールを守れない人を出さなかったことで、部下全員が行動する空気が組織に定着しました。

行動ルールは、誰でもできる行動をルールとして設定します。そして設定したルールをやりきった結果、得られると想定するものが目標(=成果)です。想定した目標が達成できない場合は、成果が得られるまで行動ルールをブラッシュアップすることが重要です。