壁マネジメント実践の3つのポイント


壁マネジメントを成功に導く3つのポイント

「壁マネジメント」とは、部下や組織の行動に介入し、成果の出ない「望ましくない行動」に対し「壁」をつくり、望ましい行動をやり切らせるマネジメント手法です。
では、望ましい行動をやり切らせるためにマネジャーはどのように壁マネジメントを行えばよいのでしょうか。
壁マネジメントを行うにあたって重要なポイントは3つ。

  1. 部下・組織に守らせる行動ルールを明確にする
  2. 設定した行動ルールをチェックするマネジャーの介入ルールを設定する
  3. 介入後、部下・組織に正しいフィードバックを行う

この3点が壁マネジメントを構成する、基本の柱となります。
この3つのポイントのうち、1つが欠けてしまうと壁マネジメントは上手く機能しません。次のページからは具体的にそれぞれのルールの設定方法や、効果的なフィードバック方法など、壁マネジメント実践の具体的な手法をお伝えします。

部下や組織の行動すべてに介入することは物理的に不可能です。ルールを設定し、行動をやり切らせるポイントや介入するポイントを押さえ、部下に正しいフィードバックを行うことで、望ましい行動を部下や組織に定着させることができます。